top of page
検索







私は夢を観ていた



もうどれくらいの時間が経ったのかは覚えていない


初め、その夢はとても魅力的に観えた





月明かりにレースのカーテンのような薄い雲がかかって



夜を照らしているように。




記事の続きは…

hikarinouta.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む
0件のコメント
bottom of page