top of page
検索

桟橋の向こうに



桟橋の向こうに


僕らの新しくて懐かしい暮らしがある


そこでは人々が好きなことをし


創造的に生きている


彼らは目を閉じているようで


目がしっかりと開いている


彼女らはとても賑やかだけれど


とても静かだ。



それぞれの表現に優劣はなく


皆、自らの肯定的なエネルギーでの表現を楽しんでいる

記事の続きは…

hikarinouta.com を定期購読してお読みください。

0件のコメント

コメント

コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page